読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$MONEY$

お金に関すること

簡単キャッシングの注意点

キャッシングは、手続きが簡単で借りやすいという長所があります。キャッシング融資を受けるのは、簡単に借りられるからだという人も存在しています。ただし、キャッシングを使ったために起きる問題もあります。最もありがちな例としては、簡単にキャッシングができるためにうっかり借りすぎてしまうというものです。若い世代に実は多く、キャッシングが借金であるという感覚が薄いことで簡単にお金を借りはじめ、最終的に多重債務に陥るケースが目立っています。今ではキャッシングの機能は銀行のキャッシュカードを始め、クレジットカードなどにも、当たり前のように付帯されています。一社一社から借り入れ可能な金額はわずかでも、全ての借り入れ先からキャッシングをすると、結果的に大口の融資になります。少額であれば大丈夫だろうと、複数の金融機関から簡単にキャッシングをすることで、多重債務になることも少なくないのです。金利が高くないからと、返済額をきちんと計算せずに借りる人もいます。たいていの金融会社では、金利の計算に用いる数字は小口で短期間であれば表示金利の高い数字を使っているようです。キャッシングの利率は5%〜15%と提示されていた場合、よほど過去にまとまった金額を借り入れした実績がない限り、年利率は15%程度で計算されることでしょう。キャッシングは便利な存在にはなりましたが、期間内に返済できることが前提であることには違いありません。