読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

$MONEY$

お金に関すること

転職と年齢の関係

最近中途採用が増えているようです。かつては当たり前だった終身雇用の制度も、段々すたれてきています。最近では、年とは無関係に転職をする人や転職を成功させる人が多くなってきています。転職の動機は人それぞれで、キャリアアップを目指す人、給与や勤務時間などの待遇、仕事内容が理由だという人もいます。統計的には、30代の後半くらいに転職活動をするという人が少なくないようです。ただし、転職を考えた人が全て転職をするのではなく、実際は60%余りが転職を諦めています。男女別で見た場合、30代後半で転職した人は男性より女性が多い傾向があります。女性の方が、転職に関してはフットワークが軽いようです。年齢によって転職者数が違うのは、子育てや家族を養うことができるような環境を求める心理が作用しているようです。現在の職場での安定を優先させることで、転職を実際には行なわないケースが多いと予想されます。反対に女性の場合は、キャリアのある人は特に年齢を武器にして転職希望の企業へアピールをすることで転職に成功している例が多くあるようです。なぜ転職をしたいかは、個人差があります。人と人との関係でトラブルがあると、多少条件が良くない転職であっても仕事を変えるという話も珍しくありません。中途採用では、年齢や学歴にとらわれず、その人の性格や実績、即戦力となる人材かどうかという判断基準で選ぶ会社が増えているようです。